超簡単な戸籍の改名法【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

改名っていっても簡単に出来るわけじゃないそうです。
 
 
改名については戸籍法で、
 
 
「第107条
やむをを得ない事由によって氏を変更しようとするときは、
戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、
家庭裁判所の許可を得て、
その旨を届け出なければならない。

第107条の2
正当な事由によって名を変更しようとする者は、
家庭裁判所の許可を得て
その旨を届け出なければならない。 」 
 
 
とされています。
 
 
なかなか敷居が高そうですふらふら
 
 
ですが、やはり中には真剣に改名を考えている方も
 
いらっしゃると思います。
 
 
そんな方に少し耳寄りな情報を見つけました。
 
なんでも、
 
「超簡単に戸籍の改名が出来て、
 
なおかつHappyになれる方法」
 
だそうです。
 
興味がある方は、
コチラ
からどうぞるんるん
posted by ネーミングパパ at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 改名ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常識の範囲内で!【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

名づけっていうのは、
 
以前の記事(@AB)に挙げたように、


使用できる漢字に規定はあるものの、
 
読み方は全くの自由だったり、
 
長さにも制限はありません。
 
 
ただ、だからと言って、どんな名前でも許されるか、
 
というと、そうでもないようです・・・
 
 
「あまりに常識から逸脱した名前」については、
 
受理されない可能性があるんです。
 
 
ご存知の方も多いでしょう。

 

かの「悪魔ちゃん」事件です。
(悪魔ちゃん事件の概略はコチラ
 
 
「悪」という漢字と「魔」という漢字・・・
 
ともに平易な常用漢字ということで、
 
理屈から言えば名前にも使用できることになるんですね・・・
 
 
結局、このご両親は、最終的には
 
「亜駆」(アクとよみます)
 
名づけたそうです。
 
 
漢字を分解して順番を変えて読むと・・・
 
 
ご両親の信念が見てきますねーあせあせ(飛び散る汗)

 
 
※ふと思いましたが、
 
そのまま「悪魔」という名前でしたら、
 
姓名判断の先生方は
 
どんな姓名判断鑑定をなさるんでしょうねー??あせあせ(飛び散る汗)
 


 

posted by ネーミングパパ at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名づけの際の注意事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苗字館【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

とっても面白いサイトを発見しました!
 
その名も「苗字館」!
 
 
このサイトでは、自分の苗字のランキングや、
 
各都道府県での頻度まで分かっちゃいますわーい(嬉しい顔)
 
 
ちなみにネーミングパパの苗字は結構ありきたりな苗字
 
なんですが、全国ランキングトップ10には
 
入ってませんでした・・・以外です^^;
 
 
都道府県別での頻度で見ると、人口に対する割合が、
 
出身地でシッカリ1位になってました^^
 
 
皆さんも是非、ご自分の苗字を調べてみてくださいるんるん
 
 
お役立ちリンクにも入ってますので。
 
苗字館
posted by ネーミングパパ at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全国苗字ランキング! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名づけのポリシーそのA【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

どうしてネーミングパパが名づけに関して
 
 
漢字一文字
 
 
そして
 
 
読める


ということに拘る理由・・・
 
 
それは、
 
 
あまりに読めない名前が多いなーたらーっ(汗)
 
 
と感じているからなんです。
 
 
今の子供の名前って、
 
 
漢字であること
 
 
の意味がほとんどなくなっている気がします。
 
 
字には一つ一つ意味があります。
 
 
その意味を大事にしたいので、
 
 
本来の読み方から外れることはしたくないし、
 
 
一文字にすることで、よりその込められた意味合いが
 
 
引き立つとも考えているんです。
 
 
次の子どもの名前も、
 
 
当然
 
 
一文字
 
 
にする予定ですわーい(嬉しい顔)
posted by ネーミングパパ at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネーミングパパのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名づけについてのポリシー【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

みなさんも名づけに関してのポリシーが

あると思います。



ネーミングパパにも実はあります。

名づけに関するポリシーが。



それは、


漢字一文字


です。



そして、もうひとつ、


読める


ということです。



ネーミングパパのこだわりです^^

 
 
理由が知りたい方はコチラるんるん
posted by ネーミングパパ at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネーミングパパのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読めない名前【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

実はネーミングパパの名前は





というのですが、


なんて読むかわかりますか??


意外に一発で読まれることが


少ない名前なのですが、



正解は‥



   ‥



   ‥



   ‥



   ‥



   ‥



  「オサム


ですあせあせ(飛び散る汗)



サトシとかサトルと


呼ばれることが多いですねー


ですが一応辞書にも


人名読み方として


「オサム」


は載っています。


自分では自分の名前、


わりと気に入っています^^


それほど奇抜でもなく、


それほど単純でもない、


なかなかバランスがとれているんじゃないかな、


と個人的には思っているんです。
posted by ネーミングパパ at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネーミングパパのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改名Q&A【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

改名‥縁のない話と思われる方が

多いのかもしれませんが、

芸能界やスポーツ界ではそれほど

珍しいことではありませんよね。


今年2000本安打を達成した横浜ベイスターズの

石井 琢朗(いしい・たくろう、本名忠徳=ただのり)

選手も改名しているんですよね。

彼は栃木・足利工高から投手として

1988年にドラフト外で大洋(当時)に入団。

92年、野手転向と同時に登録名を

「琢朗」

に変えたそうです。

その後、野手として大成功と言っていいでしょうね。

2000本安打を達成したのですから。


「名づけ」「姓名判断」に意味があるとすれば、

「改名」にも同じような重要性をもつはずですね。


改名について分かりやすく説明しているサイトです。

おなじみ「堺虹元」先生のサイトです。

コチラからどうぞるんるん
posted by ネーミングパパ at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 改名Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんの名づけQ&A【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

ネーミングパパは自分の娘が

産まれてくるときには、

名前はほぼ決めていました。


おなかの中にいるときから、

赤ちゃんのことを「プクちゃん」と

読んでいましたしあせあせ(飛び散る汗)、出来るだけシンプルな

名前を付けてあげたい、

と考えていました。


そして名づけた名前は‥



   ‥



   ‥



   ‥



   ‥
   
 
         
  



   わーい(嬉しい顔)



   フク



と読みます。



おばあちゃんくさいですか??^^;
(それとも、単純ー!って思いました?)


でも、ネーミングパパとしては

この名前とっても気に入ってるんです^^




というわけで、

赤ちゃんの名づけに関して、

分かりやすく説明しているサイトです。

またまた「堺虹元」先生のサイトです。

コチラからどうぞるんるん
posted by ネーミングパパ at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんの名づけQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姓名判断Q&A【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

姓名判断」と入力して

ネットで検索してみてください。

もう、うなるほどの検索結果が出てきますよね^^;


どれを参考にすればいいのか迷ってしまうし、

さらに使われている言葉がチンプンカンプンだったり‥


で‥

ネーミングパパが色々調べてみて

かなりわかりやすかったのが

「堺虹元」先生のサイトです。

まとまっていますし、内容も理解しやすいですよ。


姓名判断全般に関するQ&Aについてはコチラからるんるん




posted by ネーミングパパ at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 姓名判断Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外!?名前の長さは無制限!【姓名判断!「名づけ」の秘訣情報館】

意外というべきか、当然というべきなのか‥



名前の長さに制限はないのだそうです。



4文字も5文字も漢字が連なった名前はあまり見た記憶がないですが‥



極端な話、




信長太郎秀吉二之助家康三衛門




なんて名前でもOKってことですよね!?あせあせ(飛び散る汗)



こんな名づけをする人はいないとは思いますが、



きっとどこかに超ロングネームのお子さんも



いらっしゃるんでしょうねーわーい(嬉しい顔)
posted by ネーミングパパ at 15:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 名づけの際の注意事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。