13、時々黒目が下のほうに沈んでしまうことがありあます・・・



こんにちは♪ネーミングパパです。

 今日のランキングは・・・

banner_02.gif






これは、落陽現象とよばれるものです。


太陽が水平線の下に沈むようなイメージですね。


これにはちょっと注意が必要です。


落陽現象は、中枢神経に異常がある場合に見られることがあります。


しかし、正常な新生児、未熟児でもみられることがあるんです



先日、生後5日目の赤ちゃんを診察した際、


この落陽現象がみられた赤ちゃんがいました。


自然分娩で生まれた、正期産児です。


神経学的には異常所見はありませんでしたが、


少し気になったので、もしや水頭症では??がく〜(落胆した顔)


と考え、頭部超音波検査をしてみましたが、


異常はありませんでしたあせあせ(飛び散る汗)


1ヶ月健診でも特に異常はなく、元気に育っていました。


落陽現象もその後はみられていない、


とのお母さんのお話でした。


正常な新生児でも、この現象を認めることがあるのだと、


身をもって体験できましたわーい(嬉しい顔)



ただ、やはり、この落陽現象をみた場合は、


一度神経学的異常所見がないかどうか、調べてみた方が


よいとは思います。




※以前は、新生児の核黄疸で、この症状が出ることがありましたが、


現在は黄疸に対しては、早期から光線療法を施行できますので、


問題になることはまずありません。




★今回の記事が役にたったという方は、

banner_02.gif

 をクリック応援お願いしますm(_ _)m

12.白目に出血があります・・・



こんにちは♪ネーミングパパです。

 今日のランキングは・・・

banner_02.gif





赤ちゃんの白目に、出血がみられることがあります。


黒目の周りの強膜に、黒目をふちどるような感じで三日月形に


出血がみられることが多いのですが、


これは、お産の時に、赤ちゃんの頭や首が圧迫されるために


うっ血することで出来ると考えられています。


通常は、この出血は自然に吸収され消えますし、


視力にも異常はありませんから、特に心配はいりません。






★今回の記事が役にたったという方は、

banner_02.gif

 をクリック応援お願いしますm(_ _)m

11.生まれた時から顔に白い小さなブツブツがあります・・・



こんにちは♪ネーミングパパです。

 今日のランキングは・・・

banner_02.gif




直径1mm程度の小さな少しもりあがったような


ブツブツでしたら、それはおそらく、


「ひ粒腫」と呼ばれるものです。


よーく観察すると、新生児の3割くらいにはみれるもので、


とくに病的なものではありません。


自然に消失しますので、特に心配はありません。



★今回の記事が役にたったという方は、

banner_02.gif

 をクリック応援お願いしますm(_ _)m

10.生まれた時から顔が赤黒くて、出血斑があるのですが・・・



こんにちは♪ネーミングパパです。

 今日のランキングは・・・

banner_02.gif



生まれたばかりの赤ちゃんの顔が赤黒い・・・


それに点状の出血もある・・・大丈夫???


これは、顔だけが赤黒かったり、出血斑があるのなら、


恐らく心配ないと思われます。


赤ちゃんは自然分娩の場合、狭い産道を通って生まれてくるわけです。


産道を通る時、赤ちゃん自身に、相当な圧力がかかります。


心臓や、肺にも圧力がかかりますので、


心臓へ戻る血液が、この圧力により、なかなか戻れない!


という状況が起きてくるんですね。


そうなると、心臓へ戻るはずの血液が、頭や顔のほうにたまる


ことになります。


これが、原因となり、生まれた時に顔が赤黒かったり、出血斑が


できたりするわけです。


出血斑が顔だけに限局しているのであれば、


あまり心配はないでしょう。


日ごとに吸収され、自然に消失します。


※しかし、例えば、全身に出血斑がある場合は、


 血液中の血小板が減少している可能性があるため、


 精査が必要になります。



★今回の記事が役にたったという方は、

banner_02.gif

 をクリック応援お願いしますm(_ _)m

9.うなじの赤いアザはとれますか?



こんにちは♪ネーミングパパです。

今日のランキングは・・・banner_02.gif



うなじの赤いアザですが、


これは実に新生児、つまり生まれたばかりの赤ちゃんの


3人に1人の割合でみられるものなんです。


赤ちゃんにみれるアザでは、もっとも頻度が高いですね。


医学的には、「ウンナ母斑」と呼ばれるものです。


これだけの頻度でみられるものですから、


異常だとか病気だとかいうものではありません。


毛細血管が拡張しているため、赤く見えるのですが、


場所的に髪がはえてくるようになれば目立たなくなりますし、


そもそも自然消退傾向が強いのです。


9割方は大人になるまでみ消えてしまいます。


ですので、ほとんど問題になることはありません。




★今回の記事が役にたったという方は、

banner_02.gif

 をクリック応援お願いしますm(_ _)m


8.ほっぺにある濃い赤いアザは何ですか?



赤ちゃんの皮膚には、色々なアザがありますが、

血管腫と呼ばれる赤いアザが最も多いものです。


ほっぺの赤いアザですが、これには

「ポートワイン母斑」と「ストロベリーマーク」という

2つのタイプがあります。


ストロベリーマークは血管腫の表面が皮膚から盛り上がって、

ブツブツした感じが苺に似ている為、こう呼ばれています。

ストロベリーマークは生直後にはあまり見られません。

1〜2ヵ月後に少しずつ皮膚の表面に赤いアザが顔を出し、

6ヶ月頃までは徐々に大きくなります。

ですので、これを心配されるお母さんも多いのですが、

ストロベリーマークは6ヶ月以後は徐々に色が薄くなり、

早ければ1〜2歳で、遅くとも小学校にあがるころには

自然に消えてしまいます。


一方、ポートワイン母斑は、表面は平坦、赤ブドウ酒がしみこんだ

ように見えるということから、このように呼ばれています。

これは生まれた時から存在し、ストロベリーマークのように

大きくなることはありませんが、自然に消えてしまうことも

ありません。そのため、後々美容上の問題になる可能性も

ありますから、皮膚科専門医に相談すべきでしょう。

(レーザー治療などが行なわれるようです)


※大きなアザが顔面片側のみに見られる場合は、

 Sturge-Weber症候群の可能性があります。

 そういった場合は、小児科を受診しましょう。

7.まぶたの赤いアザは何ですか?



赤ちゃんのまぶたにはよく淡い赤いアザのようなものが見られます。

実はこれ、それほど珍しいものではなく、約5人に一人は見られる、

「正中母斑」と呼ばれるものです。


正中母斑は毛細血管が拡張したものです。アザの部分を少し押してみると、

色が薄くなったり消えたりします。色が淡い赤色で鮭の色に似ている為、

「サーモンパッチ」とも呼ばれます。まぶた以外にも、うなじや、おでこ

にも同様の赤いアザが見られることがあります。


生まれた時にあるまぶたの赤いアザは、生後一年以内にほとんどが

消えてしまいます。


※もしも自然に消えない場合は、「単純性血管腫」の可能性があります。

こちらは、正中より外れた部分に生じるのが通常です。色調としては、

やや紫色を帯びるのが特徴です。

6.おでこに青いアザがあります・・・



おでこの青っぽいアザは赤ちゃんでは時々みられます。

平らで固くなければ、お尻や腰にみられる蒙古斑がおでこに

できたものです。


お尻などに見られる蒙古斑は、4歳ごろから消え始め、

5、6歳になると半分ぐらいしか見られなくなります。

10〜11歳になると、3%ほどしか残らないと言われています。


おでこの蒙古斑ですが、通常の蒙古斑よりも消えるのが

少し遅くなる傾向があるようです。

しかし、ほとんどがいずれは消えますから、あまり心配はいりません。


※おでこの青っぽいアザで、数ミリ程度でやや固いものは、

 青色母斑と呼ばれるものです。青い平らなホクロと考えてよいでしょう。

 こちらは蒙古斑とは違い、自然に消えることはありません。

 簡単な手術で除去することが出来るようですが、あまり小さな時に

 切除しようとするとケロイドを作りやすいので、少し大きくなってから

 行なうことが多いようです。

5.頭を押すとぶよぶよしていまいたが、そのうち目の周りが青黒くなりました・・・



これは帽状腱膜下血腫といって、お産で頭が出にくい時に、

吸引して出産する吸引分娩の赤ちゃんに起こります。

頭の皮を引っ張りますから、皮膚の中で最も脆い部分の

帽状腱膜の下にある組織がちぎれて、その部分の静脈から

出血が起こったものです。


出血している場所は、頭の骨の外側なので、通常は脳には

心配はありません。


目の周りが青黒くなっていったのは、出血がだんだんと

広がったためです。ただ、これも通常は1週間以内に

吸収されるので心配はありません。


まれに出血が酷い場合には、活気がなくなり、皮膚色も

蒼白になります。その場合には、輸血が必要になるケースも

あります。


※出血した血液が壊れてビリルビンが産生され、黄疸が

強くなることはあります。気になるようでしたら、小児科を

受診し、血液検査をしてみるとよいでしょう。


※帽状腱膜下血腫、それだけでは脳への影響は心配ありませんが、

この疾患が吸引分娩の際に起こることを考えると、

吸引分娩による脳への障害の可能性はあります。

ですが、手足を活発に動かし、ミルクの飲みも問題なければ、

まず心配はないでしょう。

4.頭にたんこぶのようなものがありますが大丈夫でしょうか?


生まれてすぐにみられるものとしては、

産瘤、頭血腫、脂肪腫、血管腫、頭瘤などがあります。


1.産瘤

 これは、生まれる時に、赤ちゃんの頭の先端が圧迫され、

 その部分の皮下にむくみが出来た状態です。ほとんどの

 赤ちゃんに見られるもので異常ではありません。

 24時間以内に吸収され消失することがほとんどです。


2.頭血腫

 頭血腫については、こちらを参照してください。

 基本的には心配ありません。


3.脂肪腫

 これは脂肪のかたまりのことです。大きくなることはありませんから、

 あまり医学的には問題ないのですが、程度によっては、いずれ美容的な

 問題にはなるかもしれません・・・

 今すぐ手術が必要というものではありません。


4.血管腫

 血管腫は、血管が沢山集って出来たものです。

 サイズの小さなものはあまり問題ではありませんが、

 巨大血管腫の場合は、注意が必要です。

 詳しく検査する必要があります。


5.頭瘤

 これは、妊娠中のおなかのなかで、頭の骨が十分に

 くっつかなかったために、骨の隙間から脊髄や脳を包んでいる

 脳の膜がヘルニアのように皮下に飛び出しているものです。

 これは詳しい検査、及び脳外科的手術が必要になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。